INTERNET OF THINGS

IoT開発

INTERNET OF THINGS

IoTとは?

IoT(Internet of Things)は、アイオーティーと読み、モノのインターネットと呼ばれています。

パソコンやスマートフォン等の情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながり、情報交換することにより相互に制御する仕組みのことを指します。

IoTの仕組み

IoTは、センサー、クラウド、人工知能、アクチュエーション(フィードバック)の4つの項目がキーとなり実現します。

センサーを使いモノから情報を取得。(センシング)
インターネットを経由しクラウドにデータを集め蓄積。
クラウドに蓄積されたデータを人工知能で分析。
分析結果をフィードバック。(アクチュエーション)

IoTで実現可能なこと

機能別
「モノ」の状態を取得する
IoTでモノの移動、振動、傾斜、位置などの状態情報を取得することが出来ます。
cat
ペットのお留守番状態を報告

カメラや温度センサー、マイク、スピーカーなどを搭載した機器をお部屋に置くことで、留守中のペットの状態を飼い主に連絡することが出来ます。

「モノ」の開閉情報を取得する
IoTでドアや窓などが開閉された情報を取得することが出来ます。
door_open
子供の帰宅をIoTでお知らせ

玄関のドアにセンサーを取り付け、ドアの開閉を感知し、子供の帰宅を母親のスマホへお知らせすることが出来ます。

離れた「モノ」を操作する
IoTで遠く離れたところから、モノを操作することが出来ます。
air_conditioner
遠隔でエアコンの電源をON

会社や学校の帰りにスマホを使って遠隔操作でエアコンの電源をオンにしたりすることが出来ます。

環境モニタリング
温度、湿度、気圧、照度、加速度、騒音、などの情報を取得することが出来ます。
farm
IoTで農作業もラクラク

ビニールハウス内の温度や湿度、土壌水分などの農業に必要な情報を取得し、異常な状態となった場合、スマホへ警報を通知することが出来ます。

デジタルサイネージの活用
デジタルサイネージを活用して情報を取得し、結果をフィードバックできます。
auto_machine
デジタルサイネージ自動販売機

飲料自販機+電子看板の機能だけでなく、利用した人のデータを取得し、顧客情報をマーケティングに活用することが可能です。

ウェアラブル端末の活用
ウェアラブル端末を活用して身につけている人の状態を取得し、結果をフィードバックできます。
fitness
ウェアラブル端末とアプリ連携

ウェアラブル端末を身につけることで、睡眠時間や活動量などを、24時間記録してスマホアプリに蓄積することが可能です。

業種別
製造業
farm
  • 設備電源を遠隔操作

    スマホから遠隔操作で設備電源をON/OFF。

  • 電気・ガス使用量の可視化

    工場内の電気やガスの使用量を可視化。

  • 異常検知&通知

    設備の異常を検知し、スマホ等に通知。

流通・物流
auto_machine
  • 倉庫内の在庫管理

    在庫状況の可視化、システム管理。

  • 検品作業の効率化

    チラシや文書などの検品作業をIoTで実現。

  • 流通過程の品質可視化

    商品が届くまでの流通過程をIoTで可視化。

サービス
fitness
  • ホテル業務の効率化

    チェックイン、部屋案内、照明点灯まで自動化。

  • 遠隔施錠

    スマホ連携により鍵を遠隔から施錠。

  • 宅配ボックスのIT化

    宅配ボックスに荷物が届くとスマホ等に通知。

医療
farm
  • 生体情報のモニタリング

    体温、心拍数、血圧、尿酸値等のモニタリング。

  • 在宅介護をサポート

    患者の生体情報を元に在宅介護のアドバイス。

  • 歯ブラシとアプリ連携で虫歯予防

    日々の歯磨きモニター&歯磨きレクチャー。

小売・飲食
auto_machine
  • バーチャル店舗

    スマホ連携しバーチャル店舗で商品決済&発送。

  • 飲食店での顧客要件可視化

    飲食店等で顧客の要件を店員にデータ転送。

  • タブレットでメニューオーダー

    オーダーデータの蓄積や会計の一括処理に活用。

漁業・農業
fitness
  • 水産養殖のデータ化

    環境情報、職人技をデータ化し養殖をサポート。

  • 熟練職人の技を保存

    熟練の職人技をデータとして蓄積し活用。

  • 家畜の体調管理

    センサーを取り付け家畜の発育状況や体調を管理。

アイエンターの海洋センサー研究開発のご紹介

アイエンターのトイレセンサー研究開発のご紹介

個室トイレの空き情報を通知するIoT開発

アイエンターでは、数年前から社内トイレの空き情報を通知するIoT開発を行い、実際に使用しています。

開閉センサーを用いて個室トイレの開閉情報を取得し、PCやスマホ画面にポップアップで通知する仕組みです。

この仕組みは、お客様のサービスにも活用できますので、是非ご相談ください。

トイレセンサーの仕組みをこんな事に活用できます!

ビニールハウスの夜間監視
 

農作物の窃盗被害を防ぐ為、ビニールハウスのドアの開閉情報を取得し、スマホへ通知。

金庫や重要書類の監視
 

金庫や重要書類を管理しているキャビネの開閉情報を取得し、開閉した人物の写真と共にスマホへ通知。

家のセキュリティ対策
 

玄関の開閉情報を取得し、開閉した人物の写真と共にスマホへ通知。子供の帰宅通知や、防犯用として活用。

アイエンターのIoT開発実績

スマートフォンアプリと連携したIoT開発が弊社の強みです。

アイエンターは、特にスマートフォン、タブレットなどのアプリ開発を得意としており、

アプリと連携したIoT開発の実績が多数ございます。

またIoTをはじめ、人工知能、VR、Droneなどの新しい技術の研究開発を行っており、その研究成果をEXPOや、グローバルイベント

などに数多く出展しております。

多くの実績があるからこそ、自信を持ってクライアント様に提案が出来ます。

是非、企画段階からでも気軽にご相談ください。

スマホアプリ連携
クラウド連携
データ集計/分析
センサー連携
モノの状態取得
環境情報の取得
ビックデータ解析
GPS連携
遠隔操作

IoT開発でお困りですか?

クライアント様と一緒に企画段階から考えます。