ニュース

令和2年7月22日付のみなと新聞に
魚体サイズ算出装置に関する記事が掲載されました。

令和2年4月20日に特許を取得した「魚体サイズ算出装置」がみなと新聞に掲載されました!

今回開発した「⿂体サイズ算出装置」は、持ち運び可能な水中ステレオカメラで魚を撮影し、ディープラーニングの物体検出技術によって魚体を検出、同時に魚の位置情報から、魚の体長(上顎先端から尾鰭基底まで)と体高(背縁から腹縁まで)を測定。測定したデータは測定記録のデータとしてデータベースに保存され、管理蓄積データの分析、活用を行います。

アイエンターでは、海上、陸上養殖での養殖生簀の管理、繁殖と養殖魚の管理、品質や生産性の向上、自然環境変化による被害、コスト削減最適化などの課題解決と発展につながる技術開発により養殖業における自動化、省人化、環境活性化を目指しております。

魚体サイズ推定システムの詳しい内容は下記のページをご覧ください。
>魚体サイズ推定システム

fishsize-measurement_patent_news


【本件に関するお問い合わせ先】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-10 長沼ビル5F
> お問い合わせはこちら