電子入札システム

斜里第一漁業協同組合
ウトロ漁業協同組合

電子入札システム

斜里第一漁業協同組合
ウトロ漁業協同組合

電子入札システム

水揚げ直後の鮭入札をデジタルトランスフォーメーション

毎年9月~11月に北海道斜里町のウトロ漁港にて行われる秋鮭の入札を、Androidタブレット端末を用いて行うことができる電子入札システムを開発しました。
従来の入札は現物入札で、魚を仲買人さんが実際に見て入札室に行き、紙に書いて入札をしていました。
このシステムは、「入札時間の短縮」と「入札データの蓄積」を目的に開発しており、仲買人さんが入札金額を入力するためのAndroidタブレットアプリ、入札データの管理はPCのブラウザで確認できるWebアプリケーションにて構成されています。

屋外現場での利用シーンとユーザー体験をイメージしたUXデザイン

主に漁港で使用されるシステムであるため、ハードウェア自体が耐水性や防塵性に優れていなければなりません。
また、アプリケーションのUIは極限まで直感操作が可能なデザインを意識しています。
魚の鮮度を保つために1秒を争う入札現場において、アプリケーションUIが使いづらいと時間のロスにつながるため、ユーザーの皆様の意見を頂戴しながらデザインを行い実装されています。

電子入札システム_入札登録のアプリケーション画面 電子入札システム_入札一覧のアプリケーション画面

仲買人さんの入札時間を2分の1に短縮

ウトロ漁港は最高で7隻の船が停泊できる大きな漁港です。
今までは仲買人さんが漁港の端から端まで歩いて鮭の品定めをし、入札室と呼ばれる入札専用の部屋まで移動して1隻分ずつ入札を行っていました。
そのため、一回見に行ってはまた入札室に戻るという繰り返しが必要になり、多くの時間を費やす必要がありました。
入札システムの導入により、仲買人さんはタブレットを持ち歩きながら屋外でも同時に複数の入札に参加できるようになり、入札時間の短縮が実現されました。
また、入札が完了するまで水揚げを待機せざるを得ない状況にあった漁船の待ち時間も大幅に削減され、魚を鮮度の高い状態で仲買人さんに見てもらうことができるようになりました。

データ蓄積による入札傾向分析

従来は紙ベースで入札結果をメモして確認していましたが、入札の電子化により過去データの参照や入札の経過確認、入札データの分析が可能になりました。
日々の入札をデジタル化することで、すべて数値管理することができ、年度毎の水揚げ高や入札単価等々の傾向を分析することが可能になりました。
また、今後はさまざまなデータ形式での入札データ出力ができるように機能を追加検討中です。

入札傾向分析_紙ベースでの入札確認をしている画像 入札傾向分析_魚市場内の画像

Contact Us

ご相談、ご質問はお気軽にどうぞ

XR/IoT/RPA/スマホアプリ開発/Webシステム開発/EC構築/業務システム開発 /クラウド開発/AWS構築/デザイン/UX/デジタルマーケティング関連

XR/IoT/RPA/スマホアプリ開発/Webシステム開発
/EC構築/業務システム開発/クラウド開発
/AWS構築/デザイン/UX
/デジタルマーケティング関連

お問い合わせ
TOP